top of page

30代の転職の正しい進め方



「会社から正しく評価されていない」

「中間管理職の板挟みがしんどい」


そう思って転職を考える一方で


「もう年齢的に転職は難しい」

「年収下がったらどうしよう」

「条件が今より悪くなったらどうしよう」

と考えて、なかなか転職に踏み切れない方もいるかも知れません。


ここでは、30代の転職を成功させるポイントをご紹介します。


30代の転職事情

本当に30代は年齢的に転職には不利なのでしょうか?

大手転職サイトのDodaの調査によると、転職成功者の平均年齢は年々上昇傾向にあります。2021年の上半期に転職を成功させた方の平均年齢は31.7歳というデータがあります。


引用元:doda転職成功者の平均年齢調査(https://doda.jp/guide/age/)

コロナ禍の転職活動のポイントは?


引用元:doda転職成功者の平均年齢調査(https://doda.jp/guide/age/)

2020年に比べて25-29歳の転職成功者が多いのは、コロナ禍で求人を控えていた企業が新卒採用や中途採用活動を再開したことも要因として挙げられます。


転職成功者の中でも「営業職」が多くを占める

職種別で言うと、2020年から転職成功率が上がっている職種が「営業系」になります。


コロナ禍で「ステイホーム」をする機会が増え、ECやフードデリバリー業界が躍進していきました。そこで強化したかったのが「営業職」であり、そういう人材が求められています。


企画や専門職は35歳以上の年齢層が多くを占める

「企画・管理職」「クリエイティブ系」の職種は20代よりむしろ30代の方が多いです。35歳以上も4割を占めていました。昔はよく「転職をするなら35歳まで」と言われている時代もありましたが、今は経験がスキルがあれば35歳以上の転職も不可能ではありません。


30代の転職で気を付けるポイント

30代前半は新卒入社から10年前後の社会人経験があります。

スキルや経験が求められる年代と言えます。

美ビジネススキルは基本として、専門スキルやチームの中でどう貢献していくかを意識する必要があります。


転職活動の際は自分のキャリアや経験が、転職先の企業にどう貢献できるのかを説明できるように準備する必要があります。

また、プレーヤーとしてではなく、マネジメント経験がある方も同様です。


自分ではなかなかキャリアや経験の棚卸を一人でするのは難しいです。

自分が培ってきたことを自分で分析するのではなく、第三者の視点から分析すると

転職活動の時にとても役に立ちます。


careerstack(キャリアスタック)では、

おひとりおひとりと面談しながら丁寧にあなたの転職活動をサポートします。


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示
bottom of page