内勤のメリットとデメリット

更新日:10月17日



ここでは、内勤のメリットとデメリットを紹介致します。



内勤のメリット

経理や秘書など専門的な知識や経験が必要な職種は、常に一定の需要があります。

そのため、前職で得たスキルや知識、経験などを転職して活かすことが可能です。転職先で前職を活かすには、実務経験を積んでいることに加えて必要な資格を取得していることが前提となります。


暑さ寒さに関わらず、空調の利いた室内で働けるため、快適に仕事を行える点もメリットです。 そのため、体力に自信がない人や身体が不自由な人にとっては比較的働きやすい職種といえます。


外勤の場合は、取引先の予定に合わせて業務を進める必要があり、時間などもその時々で異なる場合が少なくありません。しかし、内勤は基本的に1日のルーティーンが決まっていることが多く、規則正しく仕事を行いやすい傾向です。

事務仕事の場合、繁忙期を除けば残業はそれほどなく定時に上がりやすい職種といえます。


内勤のデメリット

エンジニアやクリエイター、経理などは繁忙期になると残業が多くなる傾向があります。


内勤は、職場で接する人がいつも同じ人となるため、場合によっては息が詰まると感じることもあるでしょう。外勤であれば、仕事に疲れたときなどにコーヒーを飲むなどちょっとした息抜きをしやすい一面があります。


しかし、内勤は常に上司や同僚の目があるため、なかなか息抜きもしづらい環境です。座って仕事を行うことが多いので、運動不足になりやすい傾向があります。

転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!



閲覧数:7回

最新記事

すべて表示